神話と祭りと芸能の山陰路 - 石塚尊俊

神話と祭りと芸能の山陰路 石塚尊俊

Add: nikep42 - Date: 2020-11-24 17:45:27 - Views: 5982 - Clicks: 7246

ブログタイトル 摂津三島からの古代史探訪 ブログURL jp/akuto508 ブログ紹介文 邪馬台国の時代を含め、古代史の重要地である高槻市から、諸説と伝承を頼りに史跡を巡っています. 小池淳一「柳田國男における伝説研究の軌跡」[50] 5. 佐々木美智子「産む性の現在―現代社会と民俗学―」[92] 4. 越川次郎 小林公子著『生業信仰の形成と展開―技(わざ)の神から同業組織の神へ―』 [133] 3. 中村和代「村の「民俗」から国家のシンボルへ ―韓国河回別神グッタルノリのナショナル・ブランド化過程―」[34] 3. 【tsutaya オンラインショッピング】神話と祭りと芸能の山陰路/石塚尊俊 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 加賀谷真梨「民俗学におけるジェンダー研究の現状と今後の展望 ―『女性化』したジェンダー概念からの脱却に向けて―」[179] 10. 石垣悟「生業 暮らし(あるいは生き方)を捉える糸口」[16] 3.

五 火の神(石塚尊俊) 六 田の神(伊藤幹治) 七 海の神(牧田茂) 八 氏の神(萩原龍夫) 九 渡来の神(上田正昭) 一〇 対談/神々の誕生 文献解題(高田亘) 【第3巻 呪ないと祭り】編:伊藤幹治 昭和55年 p260 序説(伊藤幹治). 植田 正治,石塚 尊俊『出雲路旅情』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 中里亮平「変更からみる祭礼の現代的状況 ―東京都府中市大国魂神社くらやみ祭の事例から―」[120] 6. 北村皆雄「映像民俗学の方法 ―遠山霜月祭と久高島祭配から―」[86] 4. 石塚 尊俊『神話と祭りと芸能の山陰路』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 石塚, 尊俊(イシズカ, タカトシ) 同姓同名の著者を検索. 島根県 出雲市出身。別名・さざなみ。1940年國學院大學神道部卒。.

吉村亜弥子「北アメリカで民俗学を学ぶ」[153] 8. 藤井弘章 菱川晶子著『狼の民俗学 ―人獣交渉史の研究―』[223] 2. 神話と祭りと芸能の山陰路 - 石塚尊俊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 坂本要「『記録映像の概念と方法」[62] 2. Ishizuka, Takatoshi. Isizuka, Takatosi.

郷堀ヨゼフ「小正月行事に参加する子どもの行動と意識に関する一考察」[57] 2. 工藤豪「現代家族における「隠居研究」の意義 ―茨城県高萩市高岡地区調査からの接近―」[94] 5. 残り10点 ご注文はお早めに. 『民俗学六十年』山陰中央新報社 1998 『山陰民俗一口事典』松江今井書店 『出雲国神社史の研究』岩田書院 『出雲神楽』出雲市民文庫 出雲市教育委員会 『神話と祭りと芸能の山陰路』ワン・ライン 『民俗の地域差に関する研究』岩田書院. 永池健二「柳田園男と歌謡研究」[111] 8. 香川雅信「柳田國男と妖怪・怪談研究」[163] 11. 山本志乃「市稼ぎの生活誌 ―農家日記にみる定期市出店者の生活戦略―」[1] 2. 西海賢二 木村博・加藤和徳・市村幸夫『信州石工 出羽路旅稼ぎ記』[81] 3.

田野登「柴右衛門狸伝承の一展開―洲本市の観光マチおこしにおける道頓堀中座楽屋話との関連―」[104] 5. 西海賢二 特別区庚申塔共同調査チーム編『文化財の保護』43号『東京都東部庚申塔データー集成』[222] 5. しまねの本の森@湖鹿堂 - 神話と祭りと芸能の山陰路(石塚尊俊著) 規約違反を通報する. はてなフォトライフ / はじめての方へ / はてなブログ. ヴォルフガング・カシューバ「ヨーロッパとグローバル化 ―ヨーロッパ民族学の新たな挑戦―」(エルメル・フェルトカンプ訳)[75] 5.

ゲリット・ヘアリン「人生記録研究・日常文化研究のテーマとしての科学技術」(池松瑠美訳)[57] 4. 山下裕作 伊藤亜人著『文化人類学で読む日本の民俗社会』[209] 2. 篠原徹「総説 民俗学における流行と不易」[4] 2. 及川高「奄美・喜界島における『神々の明治維新』―神社神道とノロの宗教―」[72] 3. 古家晴美 田中宣一編『暮らしの革命―戦後農村の生活改善事業と新生活運動』[221] 4. 山下裕作 中島成久著『森の開発と神々の闘争―改訂増補版屋久島の環境民俗学』[219] 3.

磯本宏紀「漁民移動にともなう技術継承と技術伝播―伊島漁民による器械潜水技術を中心にして―」[1] 2. 花部英雄「柳田昔話研究の軌跡」[9] 3. 真鍋昌賢「『語り物』から〈口頭芸〉へ」[128] 9. シンワ ト マツリ ト ゲイノウ ノ サンインジ. (12/12時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:シンワ ト マツリ ト ゲイノウ ノ サンインジ|著者名:石塚尊俊|著者名カナ:イシズカ,タカトシ|発行者:ワン・ライン|発行者カナ:ワンライン|ページ数:230p|サイズ:21】.

Amazonで石塚 尊俊の神話と祭りと芸能の山陰路。アマゾンならポイント還元本が多数。石塚 尊俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 牛島巖「研究撮影者へのすすめ一映像テキストの作成―」[72] 3. ワン・ライン,. 及川祥平「武田信玄祭祀史考―近世・近代を中心に―」[1] 2.

石塚尊俊 「今は昔の民俗誌 隠岐島前・島後民俗誌」 『暮らしの歴史』 ワン・ライン: 年: 水若酢神社編 『水若酢神社』 学生社: 年 --- 「我が町のみなとを再発見 日本海交流の拠点 隠岐 西郷港」 『港湾』82-8: 日本港湾協会: 年: 松田和久. 石塚 尊俊(いしづか たかとし、1918年 9月21日 - 年 4月16日 )は、日本の民俗学者。. 「神話と祭りと芸能の山陰路」(石塚尊俊) 「山陰民俗一口辞典」(石塚尊俊) 「大荒神頌」(山本ひろ子) 「アメノウズメ伝 神話からのびてくる道」(鶴見俊輔) 「縮刷版 日本民族辞典」(弘文堂) 「龍の起源」(荒川紘). 和田健「社会 民俗学は社会から何を見るのか? ―場と個人をめぐる方法的態度」[52] 5. 濱崎好治「民俗映像とアーカイブの現状と問題 ―川崎市市民ミュージアムを例に―」[138] 8. 大澤未来「中国ドキュメンタリー映画の現在」[116] 6.

大石泰夫「芸能 民俗芸能における『実践』の研究とは何か」[155] 9. 徳丸亞木「信仰 歴史、外部、個人そして内面」[106] 7. 三宅流「映像の自律性と芸能の記録について ―『面打/men-uchi』、『究竟の地―岩崎鬼剣舞の一年』の製作からの考察―」[102] 5.

石塚 尊俊 単行本 ¥9,240. 岩崎真幸 高木誠一著・夏井芳徳校注『磐城の民謡・民俗学ノート』[218] 2. 比嘉理麻「プロセスとしての民俗分類―現代沖縄におけるブタ/肉の商品化の時間と空間―」[1] 2. 山陰路探訪(山陰路の四季 出雲・石見・隠岐 中国山地のタタラ ほか) 神話と風土記の世界(出雲神話 黄泉比良坂-伊邪那美命伝承地 出雲国風土記 ほか) 祭り・神楽・風流(山陰・山陽・南海の祭り 山陰、四季の祭り 西日本の神楽 ほか). 刈上祭りとかゞし(早川孝太郎) 船橋の長屋ずまい(桜田勝徳) 豊岡の農耕儀礼(島根) (石塚尊俊) 両墓制のモデル・ゾーン(京都) (磯貝勇) 民俗レポート 筑前の女中市(福岡) (野間吉夫) 民俗論考 十五夜の綱引考(鹿児島) (小野重朗). 神話と祭りと芸能の山陰路 - 石塚尊俊 前田俊一郎「人生 『生』と『死』に向かう人生儀礼研究」[77] 6.

小長谷英代「パフォーマンス理論 ―「ポスト」領域の民俗学―」[127] 7. 俵木悟「無形民俗文化財の映像記録 ―「使える記録」の実現に向けて―」[122] 7. 70-76: 八岐大蛇神話にちなんだ論文。能楽の「大蛇」と出雲の神能との比較。蛇胴の形態の地域差について。. See full list on fsjnet. 女人司祭 - 石塚尊俊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの.

米村創「沖縄で製作されたトンビャンという竜舌蘭繊維の織物―中国産の糸で製作された桐板との比較―」[67] 2. 門田岳久「巡礼ツーリズムにおける「経験」の解釈 ―サービスと宗教性の交叉的生成に基づく間身体的共同性―」[1] 2. 西海賢二 千々和到編『日本の護符文化』[79] 2. 野地恒有 松田睦彦著『人の移動の民俗学 ―タビ〈旅〉から見る生業と故郷―」[128] 2. 石塚尊俊/著. 菅豊「現代アメリカ民俗学の現状と課題 ―公共民俗学(Public Folklore)を中心に―」[94] 6. 山田厳子「ことわざ研究の射程」[146] 10. 別編 2 (民俗) 松江市/.

02 【島根県教育委員会 島根の民俗税能 1989年】 01912. 山口睦「香典の変遷と地域社会―山形県南陽市の香典帳を事例として―」[1] 2. 現実に染まりし者共よ 今こそその目でしかと見よ――ネッチネチ行くからな. 石塚尊俊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 石塚 尊俊 (いしづか たかとし、 1918年 9月21日 - 年 4月16日 1 )は、日本の民俗学者。. 彌永昌吉いやなが・しょうきち 赤攝也せき・せつや /著 年09月10日 筑摩書房/発行 〈本書は、1963年 2月 10日、ダイヤモンド社より刊行された「新初等数学講座 現代の数学」第1分冊『公理』および第6分冊『基礎論』を合本したものである。 石塚尊俊「八岐の大蛇の譚と芸能と」「神楽と風流 山陰民俗叢書9」 (山陰民俗学会, 島根日日新聞社, 1996)pp. 中生勝美 王京著『一九三〇、四〇年代の日本民俗学と中国』[207] 2. 加賀谷真梨 倉石あつ子著『女性民俗誌論』[214] 3. ケンパーマンの明治10年山陰紀行(全訳) : あるドイツ人が見た明治初期の山陰.

川森博司「柳田の口承文芸論と柳田以後の昔話研究―伝承と社会の変化を視点にして―」[30] 4. 石塚 尊俊著: 山陰中央新報: 出雲国神社史の研究(2) 石塚 尊俊著: 川上 迪彦: 出雲国神社史の研究(3) 石塚 尊俊著: 出雲国神社史の研究(4) 石塚 尊俊著: 瀧音 能之: 一国平均と中世社会: 小山田義夫著: 丸山 仁: 一遍聖絵研究: 砂川 博編: 金井 清光. 小掘光夫「柳田國男以後の伝説研究―『日本伝説名彙』の軌跡―」[65] 6. 丸山仁美 佐伯和香子著『菅江真澄の旅と和歌伝承』[233] 2.

根岸英之「口承 学会の動向と『実践』への潮流」[136] 8. 法橋量「現代ドイツ民俗学のプルーラリズム ―越境する文化科学への展開―」[5] 2. 石塚尊俊: b6判: 1,995円(本体1,900円+税) ワン・ライン: 島根の冠婚葬祭: 白石昭臣 酒井薫美: a5判: 2,400円(本体2,286円+税) ワン・ライン: 鳥取の民話: 酒井薫美: a5判: 2,851円(本体2,715円+税). 神話と祭りと芸能の山陰路 著者:石塚尊俊 出版社:ワン・ライン サイズ:単行本/230p 発行年月:年09月 税込 1,995 円) 王・民・神々 著者:滝音能之 出版社:名著出版 サイズ:単行本/268p 発行年月:1994年03月 税込 2,853 円 : 古代出雲の社会と信仰. 室井康成「『ガバナンス』の現在と民俗学研究の方向」[193] 11.

重信幸彦「『声』のマテリアル―方法としての『世間話』・柳田國男から現代へ―」[85] 7. 葉山茂「産業化した生業活動における自然と人の関わり―愛媛県宇和島市津島のブリ養殖を事例に―」[1] 2. 花部英雄「総説 柳田國男と口承文芸」[1] 2. 卯田宗平「中国大陸の鵜飼い ―漁撈技術の共通性と相違性―」[64] 4. アルブレヒト・レーマン「意識分析 ―民俗学の方法―」(及川祥平訳)[31] 3. 石塚 尊俊(いしづか たかとし、1918年 9月21日 - 年 4月16日)は、日本の民俗学者。 略歴. 宮内貴久「衣食住 生活感なき衣食住研究」[39] 4. 神話と祭りと芸能の山陰路 /09/01.

神話と祭りと芸能の山陰路 - 石塚尊俊

email: wefijowy@gmail.com - phone:(518) 181-6124 x 4206

ツーリングマップルR 関西 2011 - さこう栄 ピアニッシモで夢を

-> 都市をつくった巨匠たち - 都市みらい推進機構
-> 枯れた時間 - 眉村卓

神話と祭りと芸能の山陰路 - 石塚尊俊 - 長崎夏海 バレンタインのチョコのあじ


Sitemap 1

アイルランド - 「地球の歩き方」編集室 - 護樹騎士団物語 水月郁見